ホームページ 同窓会 母校のニュース 80周年行事 90周年行事 想い出 校歌 リンク集 E-Maill

 

北豊島工業高等学校「応援団旗」寄贈の御礼について


東京都立北豊島工業高等学校
校長 高橋 康宏
 木々もすっかり芽吹き、新緑の葉が茂る季節となりました。白堊会の皆様方におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
 平素より、本校の教育活動へのご理解並びに、多大なるご支援を賜わり、誠にありがとうございます。
 今年度も、桜の花に彩られた4月8日に、北豊島工業高校の入学式を挙行することが出来ました。北豊島工業高校「創立94年目」の平成26年度の教育活動がスタートを致しました。
羽ばたく北豊島工・応援旗
羽ばたく北豊島工・応援旗
 これからの3年間キャリア教育推進プランに基づき、卒業の暁には、より確かな進路実現の喜びに繋げて夢の実現に結び付けてほしいと願っています。 「北豊島工高」に入学し、多くの技術・技能を習得し、一人ひとりが逞しく成長し、厳しい時代ですが見事、進路決定100%に繋がり、社会で役立つ本物の技術・技能を身に付けることで、生徒の一人ひとりが光り「北豊島工高」が輝き伝統の継承に繋がっています。                                             これまでの 基礎技能から先端技術の習得へと誠実な「匠(たくみ)」を育てる人材育成は、本校の特色であり、ものづくりの粘り強い指導と技術・技能の修得は、生徒一人ひとりが光り、北豊島工業高校の発展と工業教育の充実を目指し、百年への更なる飛躍へと繋るものと確信しています。こうした実績を継承することが更なる母校の栄えある飛躍に繋がると確信をしています。卒業の暁には、 同窓生として「白堊会」を心の故郷とし胸に秘め、共に母校の名を広め高めてほしいと願っています。
応援団旗贈呈式
応援旗・贈呈式
 昨年から永田副会長のご尽力でご準備を進めてきました「大応援団旗」が完成し、斉藤同窓会会長・永田副会長に、出来立ての「大応援旗」をお持ち頂きました。
 生徒への「贈呈式」に先立ち、一足先にピカピカの応援旗を翻えし、エール(応援)を送って頂きました。
 念願の応援団旗の「贈呈式」を4月30日(水)の生徒総会で執り行うことが出来ました。  当日、白堊会斉藤同窓会会長にお越し頂き、「応援旗」の寄贈式を行うことが出来ました。野球部の3年生が「応援旗」を掲げて、体育館の後方から「大応援旗」を掲げて入場、舞台上で応援団旗の贈呈と披露を行いました。斉藤同窓会会長から応援団旗を作ることになった経緯をご紹介頂き、生徒にエールを送って頂きました。そして、生徒会長の保科さんから斉藤同窓会会長への謝辞を申し上げ、応援団旗を色々な場面で活用して欲しいと生徒への頑張りへの促しがありました。今後、大会や体育祭などの色々な行事や大会の場面で、応援団旗を翻 し、生徒達が歓喜溢れ、競技に励む原動力となると思います。「大応援団旗」の製作に向けて、ご理解とご協力を頂きました白堊会会員のお一人ひとりに、厚く御礼を申し上げます。
 今後とも、次代を担う人材育成へのご理解とご協力を、白堊会会員の皆様方からの温かいご支援を頂けますことを心よりお願い申し上げます。


ホームページ 同窓会 母校のニュース 80周年行事 90周年行事 想い出 校歌 リンク集 E-Maill

Copyright (C) 2002- 白堊会 All Rights Reserved.
kitatoshima@hakuakai.jp