ホームページ 同窓会 母校のニュース 80周年行事 90周年行事 想い出 校歌 リンク集 E-Maill

80周年記念事業 2000年9月施行/創立八十周年記念誌より

創立80周年記念にあったて 実行委員会会長 信川 仁道


東京都立北豊島工業高等学校創立八十周年おめでとうございます。

ひと口に八十年と申しましてもこの間、関東大震災、金融恐慌、満州事変、太平洋戦争という戦前の激動の時代がございました。

更に戦後の高度成長、オイルショック、日本製品の世界進出、バブルとその後の大不況と、戦後も戦前に劣らず激しい変化の連続でございました。このような時代の渦の中、歴代の校長先生、教職員の皆様におかれましては、黙々と本校生徒の教育に勤しまれ、多くの有為の人材を社会へ送り込まれたのでございます。併せてその教育を側面から支えられたご父兄の皆様や白堊会の皆様の尽力も忘れてはなりません。我が母校がこうして多難な時代を乗り越え、八十年の歴史を築くことが出来たのも偏に既に述べました方々や現在の教職員及び在校生の皆様の努力の賜物でございます。

昭和十五年、一戦風雲急を告げる中、当時、東京府立商工学校と称した本校の採鉱冶金学科に私が入学しましたのは、実学を体得して自らの力を早く世に問いたかったからでございます。入学してみますと、実際、素晴らしい先生方と仲間に巡り合いました。先生方のご指導は、私達の知的好奇心を刺激するツボを押さえたもので、お蔭で毎日、化学の実験に明け暮れたものでございます。ここでは知識もさることながら実験成就させるための粘り″も教えられました。 また、校訓「自治」も私に大きな影響を与えました。当時は戦時中で統制的教育方針が主流となった時期でございます。しかし、先生方は体を張り、身を以って「自治」の精神を私達に教えられました。そのため、私は実業の世界に飛び込んで以後も自らの事は自ら決す″という自治の姿勢を今日まで貫いてまいりました。事実、実社会では誰も助けてくれないものです。まして私のように経営者の道しか歩んだことのない者にとっては尚更でございます。このような厳しい大自然に飛び出す前に知識と言うハード、自治的な物の考え方や粘り″というソフトを与えて巣立たせていただいた本校には感謝の念に堪えません。私が昭和二十七年、プラスチック分野においてヒット商品を編み出せたのも自治″と粘り″の精神があったなればこそでございます。

こうして建学以来、技術立国の端を担い続けて来た本校も今、大きな曲がり角に差し掛かっております。今日のインターネット情報革命の波は本校にも押し寄せております。この波が技術の趨勢上、避けて通れないものであることを考えると、従来の技術教育と情報化教育の両立・融合は、喫緊の課題でございます。

そして最近、顕著になってまいりました少子化現象は、この八十年間、かって無かった問題を提起しております。場合によっては教育手法の大胆な改革が必要かもしれません。

本校は、八十周年を迎え、更なる、いえ、今までにも無かった変革の時代を迎えることになると思います。しかし、校訓・自治″の精神と先生方の長年の教育ノウハウはきっと以前にも増して本校の繁栄を約束してくれるものと思います。

以上、簡単ではございますが私のお祝いの言葉とさせていただきます。

ホームページ 同窓会 母校のニュース 80周年行事 90周年行事 想い出 校歌 リンク集 E-Maill

Copyright (C) 2002- 白堊会 All Rights Reserved.
kitatoshima@hakuakai.jp